30代から痩せるなら

30代の痩せない原因

青汁

年齢を重ねるにつれて、痩せにくくなっていると感じることはありませんか。 若いころと同じように食べて、同じように動いているのに痩せるどころかどんどん太っていく。ダイエットが成功しない。 その原因は基礎代謝量の減少が大きな原因と言えます。 人間は摂取したカロリーをすべて運動で消費するわけではありません。 何もしなくても消費していくカロリーのことを基礎代謝量と言います。 つまり若い頃と同じようにカロリーを摂取していては、30代になると基礎代謝量が下がってくるためダイエットが成功しないのです。 30代から基礎代謝を上げるために気を付けたいのが以下のことです。 冷房をかけすぎず、半身浴やストレッチで血行をよくする。 有酸素運動を行う。 酵素を取る、などが挙げられます。

ダイエットのための食事

30代のダイエットには基礎代謝量を上げることが大切だと書きましたが、それには食事のとり方も多く関係しています。 酵素やカフェイン、カプサイシン等を積極的に摂取すると基礎代謝量が上がりダイエットが成功しやすくなります。 酵素はふつうの食事では取り入れにくいため、ドリンクやサプリメントを使うとよいでしょう。 薬局やネット通販でもさまざまな酵素商品が売られています。 自分に合ったものを見つけるとよいでしょう。 また、ダイエットというと置き換えダイエットや食事を抜きがちですがそれは30代のダイエットには間違いです。 特に朝食を抜くと、体温が下がり昼食のカロリーの吸収率をあげてしまいます。 体温が高いだけで、消費カロリーをかなり上げることができるのです。